> 2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのオーディション番組に登場した冴えない男ポール・ポッツが一躍大スターに!

 携帯電話ショップの店員をやっている冴えない男ポール・ポッツは、貧乏でシャイで容姿も悪いため幼い頃からいじめられてました。そんなポール・ポッツが、イギリスのオーディション番組「Britain's Got Talent」に登場します。この番組の3人の審査員は非常に厳しく、かなり優れた者をも酷評する程です。
 唯一の生きがいとオペラで生計を立てていく事が憧れのポール・ポッツは、自信が無さそうに登場しますが、トゥーランドットの有名なナンバーの演奏が始まるとまるで別人のようなあまりに美しすぎる歌声で観衆を魅了します。その歌声は評価の厳しい三人の審査員をもうならせるほどの物でした。
 感動の動画は「続きを読む」からどうぞ。
スポンサーサイト
イギリスのオーディション番組に登場した冴えない男ポール・ポッツが一躍大スターに!

オンラインゲーム感覚で英単語を学習できる 『VS英単語』

VS英単語
 「VS英単語」は他のユーザーとオンライン対戦ができる英単語クイズゲームのサイトです。レートで語彙力が数値化されるのも面白いです。
オンラインゲーム感覚で英単語を学習できる 『VS英単語』

4つの手と4つの足を持つ女の子ラクシュミちゃん。in インド

8つの手足の女の子 ヒンドゥー教の4本の腕を持つ女神にちなんで命名され、女神のようにあがめられ育てられた、ラクシュミ(Lakshmi)ちゃんは何と4本の手と4本の足を持っている。母胎内で発育が停止した双子がラクシュミちゃんの下半身に連結しており、このまま放って置くとラクシュミちゃんの命は長くないとのこと。そのためインドのお医者さんたちが医師団を結成し、ラクシュミちゃんに危険を伴う手術を行うべきかどうか考えている。
4つの手と4つの足を持つ女の子ラクシュミちゃん。in インド

世界で最も危険な薬物メタンフェタミンの悪影響を検証する動画

 アメリカで『最も危険なドラッグ』として知られるメタンフェタミン(Methamphetamine)、日本で言う覚醒剤が、どれだけ危険なものか、マウス実験とコンピュータグラフィックスを用いて科学的に説明している英語動画です。これだけ危険な物が人体に入った事を想像するとぞっとします。
 メタンフェタミンを摂取すると人間に快楽をもたらすドーパミンが、人間の能力を超えて過剰に供給されるため、大変な快楽を感じられる。メタンフェタミンの効果の持続時間は長いが、その分切れた時の中毒症状は重く、メタンフェタミンなしでは快楽を味わえないようになってしまう。こうやって破壊された脳は二度と元には戻らない。
 薬物の恐ろしさは誰もが知る所ですが、薬物は脳を破壊してしまうため、その依存性の強さは本人の意思ではどうすることもできないくらい強いのです。メタンフェタミンのみならず危険薬物には絶対に手を出してはいけないし、手が届かない社会にしていくべきです。
世界で最も危険な薬物メタンフェタミンの悪影響を検証する動画

日本の深海に生息するユニークな深海魚たち

 日本の深海の様子を捉えた映像です。海底を歩く不思議な魚や巨大なカニ、真っ白のうなぎ、小さなサメ等深海でしか見られないユニークな生物がたくさん出てきます。まだ未知な生物が深海には多数いるし、ほとんどが生態の分かっていない生物なので、これから科学の進歩と共に分かっていくのは何だか夢があります。
日本の深海に生息するユニークな深海魚たち

最も知能が発達した鳥 カラス

 カラス(crow, raven)の頭がいいのは、クルミを自動車に轢かせて割る等の行動で日本でもお馴染みです。この動画では、カラスが遊戯をしたり論理的思考を持っている可能性を示唆しています。
 日本ではカラスはカラスですが、英語圏においては一般的なcrowの他に、ワタリガラスraven、ミヤマガラスrookと使い分ける事があるそうです。我々からしたらワタリガラスやミヤマガラスの区別はつかないので、crow, raven, rookがどれもカラスを意味する事は覚えておいた方が良さそうです。
最も知能が発達した鳥 カラス

ジャンピングスパイダーがハチに飛びかかり仕留める映像

 ナショナルジオグラフィックからジャンピングスパイダーが花の蜜を吸いに来たハチに飛びかかる動画です。英語のナレーションが聞き取りやすいです。このジャンピングスパイダー、何と自分の体長の50倍もの距離を飛ぶ事が出来、さらに目が8つもあります。私のクモのイメージはクモの巣を張りひたすら獲物がかかるのを待つというものだったので、自らしかもジャンプして獲物を仕留めるの光景は驚きです。
 ナショナルジオグラフィックの動画は非常に質が高いです。動物や昆虫の特徴をつかめるように英語を聞いてれば、リスニング力も向上するはずです。
ジャンピングスパイダーがハチに飛びかかり仕留める映像

[トップギア]トヨタ・ハイラックスをあらゆる手段で壊そうとする動画

 YouTubeからイギリスBBCの自動車番組トップ・ギア(Top Gear)のとてもユニークな英語動画です。トップギアこの回では、トヨタ製の頑丈でパワフルなトラック、トヨタ・ハイラックス2.4Dをあの手この手を使って破壊しようと試みています。先に内容を書いてしまうと面白さが薄れると思うので、まずは動画をご覧になってください。英語リスニングがあまり得意でない人でも楽しんで視聴できると思います。
[トップギア]トヨタ・ハイラックスをあらゆる手段で壊そうとする動画

【地球温暖化対策】牛の胃を背中のタンクにつなぎ、メタンガスを貯めこんでいる動画

 翻訳や英会話講師の仕事をしてらっしゃるApplecheeseさんが、英語のボキャブラリーや動画、翻訳について書いてらっしゃるブログApplecheese Diaryで面白い英語動画が掲載されいたので、紹介します。Applecheese Diaryに飛ぶと動画の英文スクリプトがあります。

 ニュージーランドの羊(総人口の13倍!!)のゲップ(belch)から出るメタンガスがニュージーランドの温室効果ガス排出量の半分近くを占めていることは有名ですよね。羊に限らず豚や牛の消化の際に発生する大量のガスは、糞やゲップに混じって空気中に放出されるわけです。この動画では、牛が出すメタンガスを抑制するため、牛の胃から背中の赤いタンクに管をつなぎ、メタンガスをタンクに貯めるという、アルゼンチンにおける試みを紹介しているロイター通信の大変興味深いニュース動画です。

 これを見て思ったのは、人間(主にアメリカや他の先進国の人)の贅沢を満たすために飼われている牛が、胃に穴を開けられた上、背中に醜いタンクを乗せられて可愛そうだなってこと。
 アマゾンの熱帯雨林を大規模に伐採し、作り上げた牧場で温室効果ガスを排出する食用の家畜を大量に飼育。それだけではなく、家畜のために大量の飼料をこれまた熱帯雨林を切り開いたり、小麦を栽培していた畑を転換することで、まかなう。世界では食糧危機が叫ばれてるのにも関わらず。先進国の欲望を満たす代償に、環境や途上国が大変な圧迫を被っている。

 この動画はきっと、そういった世界中からの猛批判に対する「牛肉もエコ!」をアピールしているキャンペーンムービーにも思えますね。一匹一匹にバイパス手術をし、タンクも購入してたら膨大なお金がかかってしまいますもん。

 私は地球温暖化はもう防ぎようがない事実として受け入れ、排出量を抑制するよりは、地球温暖化に伴う自然災害が起きた際どうすべきかの対策を重視して考えるべきだと思います。もちろん、少しでも進行を遅らせる努力は必要ですが、最大の排出国アメリカの環境より産業を重視する姿勢が今後も変わらない限り、温室効果ガス抑制への取り組みは十分な成果を出せないまま挫折すると思います。

【地球温暖化対策】牛の胃を背中のタンクにつなぎ、メタンガスを貯めこんでいる動画

Googleに就職する

 前回の記事に引き続きGoogle本社の環境と社員にスポットを当てた英語動画です。今回はGoogle社への就職を考えている人向けの内容です。Googleで働く事のやりがいや、クリエイティブな仕事をするのに恵まれた環境、20 percent timeの使い道等が社員のインタビュー中心に流れます。

 この動画を見てGoogleはユニークで優秀な人材や最高の環境が揃っていて、就職先としては抜群だなとつくづく思います。そのためにはまず最低条件、英語のリスニング&スピーキングを鍛えていかなくてはいけないな・・・(´・д・`)

Googleに就職する

Google社の恵まれすぎた職場環境

 アメリカのカリフォルニア州に位置するGoogleの本社の職場環境をリポートするニュース動画です。日本でもバランスボールを椅子代わりにしてる人がいる等、Googleの独特の企業文化は有名ですね。例えば、あらゆる種類の本格的な料理が無料だったり、オフィスにペットを持ち込めたり、社内イベントやスポーツ・リラクゼーション施設が充実していたり、勤務中にゲームやおもちゃで遊べたり。自分の好きなプロジェクトに勤務時間の2割を充てられ、給料も高く、会社で洗車までしてくれる。
 Googleで働くということはユートピアにいるみたいで、羨ましいです・・・。恵まれた職場環境を作る事で優秀な人材を呼び込むことがGoogleの戦略。日本人の価値観からしたらサボってるように見えるんですが、こうして創造的なプロジェクトが日々生まれてる。日本でも同様の企業文化が馴染むことはあるのかな。
Google社の恵まれすぎた職場環境

エイプリルフールにルームメイトいたずらする方法

 YouTubede見つけた「How to Prank your Roommate on April Fools」という英語動画です。エイプリルフールだからこそ許される、いたずらの方法が3通り紹介されています。どれもとても下らなくて、かなり笑えます。
 最初の二つは相手がマジギレしそうで怖いですが、最後の風船のいたずらは実践できそうですね。
エイプリルフールにルームメイトいたずらする方法

NHK英語でしゃべらナイト 2008年新春スペシャルの動画

 2008年の正月に放送された英語でしゃべらナイトの新春スペシャル動画です。英語でしゃべらナイトはナレーションやゲストが英語混じり又は日本語字幕付きで話してくれるので、英語リスニングが得意じゃない人でも、気軽に英語に接触することができます。
 この動画ではローゼン閣下こと麻生太郎さんをゲストに迎え、各国のJカルチャーや麻生太郎氏の英語コミュニケーションのコツや日本人の本質などのお話が聞けます。アイアムレジェンドのPRに来日したウィルスミスと押切もえのインタビューもあります。
 外国で日本の文化、具体的にはアニメ、漫画、和食、Jポップ、建築の評価が高く、今ではJカルチャーの担い手は日本人だけでなく、外国人でもあるというのが印象的でした。
NHK英語でしゃべらナイト 2008年新春スペシャルの動画

リンカーンの歴史的なゲティスバーグ演説原語全文。英語スクリプト付き。

 government of the people, by the people, for the people(日本語訳『人民の人民による人民のための政治』)というフレーズで有名なリンカーンのゲティスバーグ演説(The Gettysburg Address,1863年11月19日)を再現した英語動画です。
 リンカーンのゲティスバーグ演説は今ではアメリカ史に名立たる名演説の一つですが、リンカーンが演説をした際、祈るような小声で演説を始めだし、あまりにも短い演説だったため、演説中のリンカーンを撮影できたカメラマンはおらず、たまたま書き留めていた記者がいたおかげで世間に知れ渡ったそうです。
リンカーンの歴史的なゲティスバーグ演説原語全文。英語スクリプト付き。

地上・水上・水中を制覇!水陸両用自動車の英語ニュース動画

 GIGAZINE『全く実用性のない水陸両用カー』の記事で紹介されていた、どう考えてもネタの水陸両用自動車を紹介しているニュース動画です。
 この水陸両用自動車はボートになるだけではなく、何と潜水艦にもなってしまうんです。これだけ便利な自動車なら欲しがる人も多そうですが、企業は生産する気ないようです。欲しくても諦めるしかないようですね。
地上・水上・水中を制覇!水陸両用自動車の英語ニュース動画

[野球]ボールガールのミラクルキャッチの実況中継の英語を聴き取ろう

 GIGAZINE『イチローもビックリ?ボールガールのミラクルキャッチ』でも取り上げられた話題の衝撃動画の英語の聴き取りにチャレンジしてみましょう。といっても難易度高すぎですね。私もほとんど分かりません。
 実はこの動画はメジャーリーグの実際の映像ではなくて、スポーツドリンク「ゲータレード」のCM動画です。
[野球]ボールガールのミラクルキャッチの実況中継の英語を聴き取ろう

iPhone3Gの英語CM動画寄せ集め

 昨年6月にアメリカでアップル社から発売され世界で600万台も売れたiPhoneと、7月11日に世界で一斉に発売され日本でも表参道で1000人以上の行列ができ、SoftBankの孫正義社長が登場した事で話題になったiPhone 3Gの英語CM動画を集めてみました。  iPhone3Gの機能や使用方法、便利さがCMを見れば分かります。料金が高い、キー配列が日本の携帯電話と違う、ワンセグに対応していない等、iPhone3Gが日本人のニーズに合うかどうか疑問だったのですが、やはりこの注目度と人気はすごいですね。
iPhone3Gの英語CM動画寄せ集め

サーチエンジンの仕組みと使い方の英語動画

 GoogleやYahoo!といった検索エンジンの仕組みや使い方の基礎を非常に聞き取りやすい英語で話してくれる動画です。動画の内容は本当に簡単なことなのですが、何しろスピーカーの英語がめちゃくちゃ聞き取りやすいので、リスニング初心者にも最適な英語動画です。
サーチエンジンの仕組みと使い方の英語動画

弓道~NHK日本文化紹介番組『Begin Japanology』動画

 日本の伝統的な武道である弓道を英語で説明しているBegin Japanologyの動画です。武道はmartial artsと訳されるのですが、この動画に登場する弓道の魅力を知った外国人弓道家はそれは間違っていると言っているのが印象的でした。「戦争、軍」の意味合いを持つmartialは精神的な弓道には確かにそぐわない気がします。
 日本人でさえ忘れてしまった武道の精神的側面や弓道の歴史を知ることができる、とてもためになる動画です。これだけ素晴らしい内容のBegin Japanologyですが、YouTube等にはほとんどアップされてない、または著作権の関係で削除されているのは残念です。
弓道~NHK日本文化紹介番組『Begin Japanology』動画

日本の掃除~日本文化紹介番組『Weekend Japanology』

 イギリスBBC制作の日本紹介番組ジャパノラマ(Japanorama)がステレオタイプな偏った日本人像を面白おかしく描いてるとしたら、NHK制作の日本文化紹介番組Weekend Japanology(現Begin Japanology)は、日本文化の忘れられがちな側面に光を当て、いわゆる「ステレオタイプ」な日本人観を打破し、 真の日本の姿を世界へ発信し、等身大の日本文化への理解を促す(Wikipedia)ことをコンセプトに掲げた、番組です。そのため、日本に興味がある外国人にはJapanoramaではなくてこちらをお勧めしたいですね。

 今回紹介する動画では、Sean Nichols君が日本の伝統的なほうき(broom)を購入し、京都の昔ながらの民家を訪ね、実際に掃除をしてみるというものです。畳を掃く時、使用済みの茶葉を再利用する知恵は素晴らしい日本の伝統文化だと思います。
 NHKにはJapanoramaを模倣したような日本人向けの英語でしゃべらナイトという番組もあったのは知ってたのですが、真面目な番組作りのWeekend Japanology(現Begin Japanology)も非常に好感が持てる番組なので、これからも動画を見つけ次第このブログで紹介していきたいと思います。
日本の掃除~日本文化紹介番組『Weekend Japanology』

中田英寿引退後の英語ドキュメンタリー動画 from CNN

 日本のタレントや歌手、スポーツ選手などのあらゆる有名人が英語を話している動画を多数紹介している「有名人の英語力をCHECK!」というサイトで見つけた中田英寿の英語動画です。さすが世界のナカタだけあって、英会話力は相当なものです。
 日本ではトゲのあるイメージの中田ですが、英語をしゃべってる時は常に笑顔でコミュニケーションを楽しんでいる気がします。中田英寿はおよそ1年間イングランド・プレミアリーグのボルトンに在籍し、それ以前もヨーロッパで生活していて英語でコミュニケーションを取る機会が多かったため、これほど流暢な英語力が見に付いたというのもありますが、外国人と臆することなく話せる性格や、見えない所での多大な努力の結果だと思います。
 この動画では、中田氏の引退後の自分探しの旅をメインに、貧困の子供たちとの触れ合いや、サッカー選手としての生い立ち、ファッション・センス等がインタビュー形式で語られています。
中田英寿引退後の英語ドキュメンタリー動画 from CNN

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。