> > > > > >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイソン・マクエルウィン(Jason McElwain) - 4分間で20得点を挙げた自閉症のバスケプレイヤー

 米国ニューヨーク州の高校に通う17歳の少年ジェイソン・マクエルウィン(Jason McElwain)君はバスケットボールの地区大会最後の試合の最後の4分間に登場した。自閉症のジェイソン君が選手として試合に出場するのは、この試合が最初で最後。その4分間で彼は何と6本のスリーポイントシュートを含む合計20点を叩き出しました。


 ジェイソン・マクエルウィン(Jason McElwain)君が初めて自閉症と診断されたのは2歳の時。自閉症は英語でautism。形容詞はautistic。自閉症とは、社会性や他者とのコミュニケーション能力の発達が遅滞する先天性の発達障害の一種である。彼が言葉を発する事が出来るようになったのは5歳の時。学習能力やコミュニケーション能力に発達の遅れが見られた。

 Greece Athena高校に入学したジェイソン・マクエルウィン(Jason McElwain)君は小柄ながらもバスケットボール部に所属、マネージャーとして選手達を応援したり、球拾いをすることでチームに貢献していた。

 高校3年生の時、地元の大会の最後の試合の試合終了4分前、ジェイソン君はジム・ジョンソン(Jim Johnson)監督に呼ばれた。実は、普段からジェイソン君のバスケへの愛情とチームへの献身的な態度、選手が帰った後の自主練習などの努力、などに感銘を受けていた監督は、勝負の行方が決まっている終盤にジェイソン君を出したいと考え、試合前にユニフォームを着ておくようにジェイソン君に言っていたのです。

 20点ビハインドで負けムードなチームにジェイソン・マクエルウィン(Jason McElwain)君が交代出場。ジェイソン君がコートに登場した瞬間場内は沸きあがりました。ジェイソン君が試合に出るかもしれないと聴きつけたクラスメイト達が大勢彼の応援に来ていたのです。

 ジェイソン君の影の努力や友情を知っているチームメイトたちはジェイソン君にボールを集めます。最初のシュートはネットをかすりもしません。しかしここからがすごい。感動の瞬間を動画でご覧下さい。

自閉症のバスケットボールプレイヤー、ジェイソン・マクエルウィン(Jason McElwain)君のミラクルプレー - YouTube動画


 ジェイソン君がスリーポイントシュートを決めると場内は更に沸きあがります。その後も立て続けにスリーポイントシュートを決めていくジェイソン君。そして残り6秒、ジェイソン君が投げたボールがネットに吸い込まれます。大逆転劇に会場は歓喜に包まれ、一斉にジェイソン君の元に集まり、胴上げします。

 結局ジェイソン君は6本のスリーポイントシュートを決めました。ほんの4分の出場時間で合計20点。この得点はこの試合の全選手の中でも最高得点でした。というより、連続でスリーポイントシュートを決めることはプロのバスケ選手でも難しいこと。ミラクルプレーです。


 この感動の物語から強く感じたことは、この奇跡はジェイソン君の努力があったが故に起こった「努力の奇跡」であること。彼が自閉症という困難に負けずに多くの人に愛されていた事。ですね。

 ジェイソン君が高校生活で試合を休んだのはたったの1回だけで、後はずっとベンチでマネージャーとしてチームを応援してきました。彼がバスケ選手として試合に出場したのはこの試合が最初で最後でしたが、彼は不平を漏らしません。
“I just want to win as a team, not individually.”

 彼は自分が自閉症であることについて次のように語っています。
 “I’m not really that different. I don’t really care about this autistic situation, really. It’s just the way I am. The advice I’d give to autistic people is just keep working, just keep dreaming, you’ll get your chance and you’ll do it.”

「僕は本当にそんなに変わらないよ。自閉症という状況を全く気にかけてないんだ、本当に。単に僕のある姿なんだ。自閉症の人たちに僕がアドバイスできることは、ひたすら努力し続け、ひたすら夢を見続ければ、チャンスがやってきてやりこなせちゃうよ!ってことだね。」


 自閉症なのにスーパープレイをしたのがすごいと思いがちですが、彼の偉業は一流のバスケ選手にとっても困難なもので、自閉症と関係なく奇跡ですね。

 この奇跡の感動話は瞬く間に全米で話題になり、なんとウォルト・ディズニーやワーナー・ブラザーズを含む25以上の映画制作会社から映画化のオファーが殺到したそうです。
 ジェイソン君の活躍が自閉症の子供たちや親に与えた希望というのは凄まじいものでしょうね。


 ジェイソン・マクエルウィン(Jason McElwain)君、通称J MACを取り上げているドキュメンタリー動画2本と、ジェイソン君の活躍に感銘を受けたブッシュ大統領と会った時の動画を紹介します。

○J Mac - A Hoop Dream - YouTube動画


○J Mac on NBA Final Segment - YouTube動画


○Bush Meets Jason McElwaine - YouTube動画


 また、ジェイ・マック君の「4分間の奇跡」としてフジテレビ系列の番組「奇跡体験!アンビリバボー」でも取り上げられたようです。

 洋書ですがジェイソン君の本も出版されたようです。
The Game of My Life: A True Story of Challenge, Triumph, and Growing Up AutisticThe Game of My Life: A True Story of Challenge, Triumph, and Growing Up Autistic
(2009/02/03)
Jason J-Mac McElwainDaniel Paisner

ハリウッドセレブ・スポーツ・映画・エンタメ関連の記事一覧

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。