> > > > > >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSP用ソフト「聞いて覚える英単語~アルクのキクタン」をやってみた

 以前の記事で紹介したプレイステーション・ポータブル向けの英語学習ソフト「聞いて覚える英単語~アルクのキクタン」を実際にプレイしてみたので、まだ学習途中ですが感想や利用法を書きたいと思います。


 キクタン[Advanced]では一日の学習単語数は16で合計56日、合わせて896語を学習できます。もちろん自分のペースで、一度に数日分を勉強してもかまいません。1日の学習の流れは「16単語の意味と発音のレッスン」⇒「英単語の意味を答えるエクササイズ」⇒「日本語に合う英単語を答えるエクササイズ」⇒「フレーズのレッスン」⇒「フレーズの穴埋め問題」⇒「センテンスのレッスン」⇒「センテンスの穴埋め問題」です。

<<例>>
・単語の意味と発音のレッスン画面

・日本語の意味を答えるエクササイズ画面


 1日16単語の意味や発音だけでなく、その単語を使った文章まで登場するので、嫌でも単語を覚えてしまいます。問題自体はほとんどひねりがなくレッスンをちゃんと読めば絶対に間違えない簡単なものですが、何度も繰り返すため単語の定着率はかなり高いと思います。

 当初PSP用のゲームソフトだったこともありもっとゲーム的側面の強いものかと思いましたが、ゲームというよりは本気で英語学習をやりたい人向けの本格的な学習教材ですね。有用なので単語の確認と新出単語の暗記のため56日分の学習が終わるまで、つまり最後までキクタンを続けてみようと思います。

[PR by ブログタイムズ]

英語学習ゲーム関連の記事一覧

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。